万年筆:全般 ブログトップ
前の10件 | -

「極細」ペン先を入手される前に...。 [万年筆:全般]

最近は万年筆愛好家の皆さんも「細字」を好む傾向になって
きてるようです。

「極細」系の相談を受けることもケッコウ多くなってきました。

まず、「細さ」に関してなのですが......

海外ブランドの「EF」は国産ですと、「F」~「M」
クラスに相当してしまう傾向がありますので、ここでの
「極細」定義は国産の「EF」以下ということにさせて
いただきます。

国産メーカー現行品(レギュラー)では...
(細さ順=僕の主観)

①セーラー:プロフィット21系「細美研ぎ」
②セーラー:プロギア・スリム「細美研ぎ」
③プラチナ:#3776「超極細」
④プラチナ:プレジデント「超極細」
-------------------------------------------
⑤パイロット:カスタム74、ヘリテイジ91「EF」
⑥プラチナ:#3776「極細」
⑦セーラー:プロフィット21系「EF」
⑧パイロット:カスタム742、ヘリテイジ912「EF」
⑨プラチナ:プレジデント「極細」
⑩パイロット:エラボー「SEF」
⑪パイロット:カスタム743「EF」

※ポスティングはやや特殊なので加えませんでした。

①~④の超極細系ペン先は、筆圧が高めの方に
は残念ながら使いこなしは難しいと思われます。

故に、おすすめはできません。

軸重だけでサラサラっと書く(筆圧をかけないに等しい)
スタイルを身につけない限り、書き味の悪さだけを感じる
羽目になってしまいますから

極細系のペン先をお持ちの方で「カリカリ引っかかる」
とお悩みの方は、ペン先のコンディションと言うよりも、
ご自身の「筆圧」の問題が殆どではないでしょうか。

そこで、勘違いしちゃいけない重要なこと!

ペン先の細さと滑らかさは相反するということ

ペンクリにお邪魔しますと未だに「かなり細めにして
いだいて、ヌラヌラと滑らかに.....」

のようななリクエストを良く聞くのです。

これは...根本的な間違い!

信頼できる万年筆ショップやペンクリニックのドクターに
ご自分の筆圧、書き癖を客観的にみていただいた上で
「極細」ペン先を選択されるのが賢明かと僕は思います。


コメント(1) 

細字ペン先の書き味を突き詰める [万年筆:全般]

ペンクリ行脚を始めてからもう7-8年は経つでしょうか。

各メーカーさんのペンドクター、アマチュア調整士さん
一人一人の特性(得意&不得意、好不調...etc)は概ね
掴んでいます。

技術力云々もあるけれど結局「ペン先調整」って人間対
人間の相性に依るところが大きいのかな...って思う。

太字ヌラヌラ系はどなたにお願いしてもそこそこ満足
できるのですが...

「細字」の書き味を突き詰めるとなると書き手、調整士
共にめちゃハードルが高くなってしまう。

「超極細」の世界ともなると書き味との両立は極めて
困難、筆圧や筆記角度も大いに影響してくる。

そんな無理難題を書き手に合わせて絶妙にバランス
させてしまう方が「パイロット・広沢さん

僕が一番、信頼しているペンドクターであり細字
(超極細)の調整においても第一人者だと思う。

残念なのはパイロットには「UEF」が定番で存在
しないこと「ナガサワ限定で過去2回あり」

(プラチナには「超極細」セーラーには「細美研ぎ」
が存在してる。)

同じUEFでも3社は研ぎ形状、思想が異なるため
他社のペンクリには持ち込まないようほうが良い

細字の世界もナカナカ奧が深いです。
コメント(2) 

木軸万年筆のメンテはやっぱし「ラナパー」 [万年筆:全般]

木軸万年筆の日常メンテは今でも「ラナパー」がメイン。

20080725_356244.jpg

成分は①ビーズワックス(蜜蝋+蜜蜂の巣)+②ホホバ油

とにかく汎用性抜群、安全(オール天然素材)

抜群の艶だし効果(程よい)

汚れや、水分を浸透させない効果もあるしね。

大切な革製小物(万年筆ケースetc)やバッグのメンテ
にも使える(こちらが本来の使い方)ので、1本あれば
応用範囲が広いですよ!

コメント(4) 

万年筆のクオリティーは... [万年筆:全般]

僕は積極的にショップへ足を運びメーカー製万年筆の
クオリティーをチェックしてます。

◆ペン先・ペン芯の状態
◆軸素材の仕上げ
◆キャップのかみ合わせ
◆クリップ、キャップリングの取り付け強度
 位置ズレ・メッキ状態
◆キャップを尻軸に差したときのフィット感...etc

これらのチェック項目を点数化し総合ポイントを
導き出しましたが...

予想通り「パイロット」さんが抜きに出ていました。

流石としか言いようがないです。

コメント(5) 

久しぶりのモンブラン149 ペン先交換 [万年筆:全般]

モンブラン149の「3B」系ペン先を全て手放してしまった
事もあり...(整理しすぎてしまった)

O3b.jpg

現行「O3B」ニブを再確保しちゃった...(@゚Д゚@;)アラ・・・?

今回は直営ブティックにて149を購入したので
スムースに無料ペン先交換をしてはもらえました。

しかし、購入した店(直営ブティック or 他店)により、
カストマー・サービスの対応がカナーリ違うみたい。

いずれにしろ「O3B」の在庫は僅少なので興味のある方
は急いだほうが良いかも


コメント(2) 

オールラウンダーなモンブラン146・ボルドー [万年筆:全般]

僕はモンブランのボルドー軸が大好き!

m-b.jpg

ペン種違いの146、3本を使い分け(常用)してる。

この他に保有している144、145、1462、147も
全てボルドー軸だ。(現行系では)

ボルドー軸万年筆は数有れど...

モンブランは色調が見事だと思う。

これ以上彩度が高まると安っぽくなり...

弱まると存在感が希薄になってしまう。

また、ブラック軸には無い優しさ、円やかさが
内在してるからオン&オフどちらのシーンにも
マッチする。

146ラインのボルドーはとっくに廃盤になって
しまったけど、切に復刻を願います!

コメント(2) 

僕がカートリッジインク派になってしまった?理由 [万年筆:全般]

僕が常用している万年筆のインクは全てカートリッジ
タイプだ。

以前はコンバーター派だったのだけど...( ´△`)

僕はインクの色を変えて楽しむタイプではないので
コンバーターに唯一求めるのは大容量であること

最低限、カートリッジよりインク容量が多くないと
(僕は)使う意味がない。

だけど国産メーカーのほとんどがその条件を満たして
くれないのだ。(CON70以外)

◆セーラー
カートリッジ →0.84cc
コンバーター →0.61cc

インクの消費が激しい長刀やクロス系のニブ、
大型サイズのキングプロフィット等は大容量
コンバータがあってこそ良さが活きるはず!
至極残念..・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
--------------------------------------
◆プラチナ
・カートリッジ →1.1cc
・コンバーター →0.61cc

カートリッジインクで1.1ccってすごい!
国産ではぶっちぎりの大容量

カートリッジがこれだけ大容量であれば
コンバーターは不要かな~

それにしてもプラチナはコンバーター細部の
造り込みがラフ過ぎだ。

首軸に差し込んだときに遊びが出る(ガタ)
個体がケッコウある。

回転部も大抵がギシギシ...(`-´メ)

インク吸入時に何で指先にこんなに力が
必要なのか...

「分解して注油すれば問題ない」と言う方も
いるけど、そもそもそんな行為をユーザーに
強いるコンバーターはダメだ。
--------------------------------------
◆パイロット
・カートリッジ →0.89cc
・コンバーター CON70→1.1cc、CON50→0.81cc

CON70の容量を超えるコンバーターは当分出て
こないと思う。

吸入時のプッシュ操作を慎重にやらないと
ペン先をインク便の底部にブチ当ててしまう
危険性があるため今はCON70を使ってない。
(僕が不器用なだけ...。)
--------------------------------------
こんな実態もあり...僕はカートリッジ派に
なってしまいました~。

コメント(0) 

万年筆と懐古主義 [万年筆:全般]

僕は万年筆実用派なので現行品を使うにあたっては
懐古主義的な考えは一切無い。

モンブラン愛好家に特に多い傾向として...

・エボナイトペン芯じゃないからね~

・ペン先のコストカット穴がさ~

「懐古主義」愛好家には申し訳ないが、機能的には
ゼッタイ現行品が勝っていると思っている。

実用するのであれば、エボ芯にこだわる理由なんて
僕には理解できない。

ノスタルジーを追い求めるのならばヴィンテージ
万年筆を黙って味わい続けていただければ良い
だけのこと

現行品を情緒的批判し、否定するのはお門違い!

趣味の世界なんだから、もっと寛容になりましょう。
コメント(0) 

日常に溶け込んだパイロット・キャップレス [万年筆:全般]

常用万年筆の中でのべ使用頻度が高い万年筆は...
常にノート共にある「パイロット」のキャップレスだろうか

c-1.jpg

実用性と速記性に優れ、書き味も見た目以上(可愛いすぎる
ペン先)にすばらしい。

特別な思い入れがある万年筆では無いけれど、意識せぬまま
日常の道具として馴染んでしまった。

キャップレスは使い込むほどに良さが解る万年筆だ。

しかし...

万年筆らしからぬ外観や特殊機能に対しての違和感?
からか、スルーされてしまっている愛好家が多い。

とっても残念というか...もったいないと思う

まず、先入観を捨てて試してみてほしい!

握ったときの計算しつくされた実用性と、柔らかい書き味に
良い意味で裏切られるはず。

なぜか海外で人気があるキャップレス...

パイロットさんは、世界にほこれるこの万年筆をもっと
アピールしてもらいたいな。

コメント(7) 

ペン種で選ぶ僕の常用万年筆 [万年筆:全般]

現在、僕の常用万年筆は11本

その日の筆記シチュエーションを想定し2~3本を
ピックアップ、毎日ローテーションしている。

ごらんの通り、国産現行メインかつベーシックな
ラインばかりだ。

g-1.JPG

ソフト系ニブ、ヴィンテージは1本も無い

コレクターとは対局にあるかも...

内訳は(左から)

◆プラチナ・中屋×4本
1) #3776ブライヤー:太
2)     〃      :中
3) 中屋・ブライヤー :MS(ミュージック)
4) スタンダード   :超極細

◆セーラー×3本
1) ディグナムバイタ :BB
2) プロフィット21 :EF
3) マイカルタ初代 :F

◆パイロット×3本
1)カスタム・カエデ :M
2)カスタム74   :C(コース)
3)キャップレス   :B

◆モンブラン×1本
1)146・ボルドー :F

ペン先「超極細」から「コース:超極太」まで
フルラインナップだ。

メーカー違いでペン先サイズが重なっては
いるけど11本全て線の出方、細さが違う。

万年筆を選ぶというよりも筆記シーンに最適な
「ペン先」を選んでる感じ...。

こんな僕はめちゃレアなタイプだろうか...。
コメント(8) 
前の10件 | - 万年筆:全般 ブログトップ
アクセス解析タイ・バンコク情報