ステーショナリー:全般 ブログトップ
前の10件 | -

「万年筆博士」さんの変化 [ステーショナリー:全般]

手作り万年筆」の『万年筆博士』さんは名職人の
田中さんが引退(受注停止)...。

3代目に引き継がれるようになってからは顧客に対する
スタンスがちょっと変わったきたように思えます。

HP上では...(以下引用)

//////////////////////////////////////////////////////
●万年筆の仕上がり状況
平成24年(2012年)3月末日仕上がり(12ヶ月待ち)
拭き漆を施すもの平成24年(2012年)9月末日仕上がり
(18ヶ月待ち)

月産45本ペース、バックオーダー約500本です。
///////////////////////////////////////////////////////

月産本数とバックオーダー数をオープンにした事は
大いに評価したいし、全体的に納期も早まったみたい...。

3代目の新たな展開とチャレンジに期待したいと思います。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

伊勢神宮の欅(ケヤキ)材ボールペンがやってきた! [ステーショナリー:全般]

久しぶりに筆記具を入手した。(ペン&メッセージさんから)

丁寧な御礼手紙が添えられていたBOXの中身は...

pm-1.jpg

工房 楔(せつ)の永田さんが創られたパトリオットボールペン

このタイプは数本保有しているのだけど、今回の作品は
何が何でもほしかった!

なんてたって「伊勢神宮の欅(ケヤキ)」だよ!

pm-2.JPG

このチャンスを逃したら二度と手に入らない希少な材だから

僕にとっては特別な価値と意味を持つ1本
(宗教的背景は別として...)

4月のペントレ時に永田さんから「伊勢神宮の倒木が入手できた」
という話は聞いていた。

その材を使った作品がリリースされることをず~っと心待ちに
してたんだよね。

ふぅ~ 

入手できて良かった~ (⌒~⌒)ニンマリ


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラミー アクセント「4ペン」 グリップ着せ替えの愉楽 [ステーショナリー:全般]

ラミー アクセントシリーズのすばらしさは
スタイリッシュ+高級感+実用性だけど、僕に
とって最大の美点は遊び心を擽る着せ替え
「グリップ」にある。

この交換グリップ...国内に輸入されていない
ものも含めるとかなりの種類(10種類以上)が
存在していたようだ。

生産終了ということもあり、探すのには一苦労

だけど...それもまた愉しい。
(プレミアムが付いている場合あり。)

既に(2年前)実用している万年筆と併せて
「グリップ」の着せ替えを思いっきり愉しみ
たいと思い...

一気に...9種を揃えてみた。

l-1.JPG

左から..

・ブルージュエリー
・梨の木
・カウ
・エイトリング
・ブライヤーウッド(予備用)
・アルミブルー
・グレーラバー
・カラーストーン
・アルミ

基本はブラックマット軸に「ブライヤーウッド」

これが最高の佇まいなんだ...

握ったときの無塗装ブライヤーの感触が心地よい!

交換はとっても簡単! こんな感じ...

l-2.JPG

「ブルジュエリー」の美しいこと!
光の当たり具合できらめきが変化するんだな...

l-3.JPG

「カラーストーン」はグリーンモザイクっぽくてこれまた美しい

l-4.JPG

「梨の木」も暖かみがあって良いな~

l-5.JPG

あらためて「ブライヤー」...もー最高!

l-6.JPG

この「エイトリング」、値段もちょっと張るけど
ずっしりとした重み+高級感...クールの一言

l-7.JPG

時計ではベゼルを交換できるタイプが流行ったこと
もあったけど...

このアクセントシリーズは色だけではなく、素材も
選べるとこが秀逸

そに日の気分によってネクタイを変えるかのように
「グリップ」を交換してみる。

今日もまた新鮮な気持ちで仕事に向き合えそうな...。

こんな洒落た楽しみを与えてくれるペンが他に
あるだろうか。

ラミーアクセント 4ペン...僕のマストアイテム
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルチペンの傑作! ラミー・アクセント「4Pen」 [ステーショナリー:全般]

ラミー・アクセント「4ペン」 にズッポシ嵌っている。

高級マルチペンは同メーカーの「2000:4色BP」を5年程前
まで大切に使っていたのだけど...

職場のMyデスクから3度も紛失してしまった経験からか
ナーンカ...保有する勇気を失ってしまっていた。

今年の僕のテーマである、常用筆記具...
「シンプル&カンファタブル活動」の流れもあり、

疎遠になってたマルチペンに重要な役割を担ってもらう事
を真剣に検討...。

手持ちのシャープペン、ボールペンを引退させるほどの
デザインと質感を求めるとなると...選択が難しい~

...と思っていたら、あっさりと見つかってしまった。

シンプルでスタイリッシュ、高級感...そして実用的、
となったらやはり「ラミー」しかない。

ac4pen.jpg

このアクセント「4ペン」は僕がマルチペンに求める
全てのポイントを押えてくれていた。

①洗練されたスリムデザイン

②ノック機構の精密感と高級感

③リフィルの色選択をスマートに行える秀逸の振り子式
 ノック機構

③胴軸は真鍮製で34g、僕にとって最高の重量バランス

④表面処理は高級感+渋さ溢れるブラックマット塗装
  アルミ無垢のクリップ質感もたまらん。

⑤なんてったってアクセントシリーズのウリでもある
 交換可能なグリップ機構!僕はもちろん迷う事なく
 「ブライヤー」をチョイス。これまた質感最高!!

⑥リフィルは国産4Cタイプが応用可能、思い切り
 自分仕様にカスタマイズできます。

※アクセントシリーズは既に廃盤製品...4ペンは発売当時
 1.8円万ぐらい(高い!)してたけど今は1万円以下で入手可能
(後継の「4ペン」が発売されてますが、長さ、重量、スタイルが
 微妙に異なり、軸素材等がグレードダウンしてます。)

このアクセント4ペンのおかげで、僕のペンスタイルは
激変しちゃったかもしれません。

万年筆1本とこれさえあれば日常全て事足りてしまってる。
(正直、4ペン以外に持ちたいと思えるマルチペンが無い!)

日本市場ではなかなか目にしない(できない)製品だけど
文句なくオススメの1本です。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「熟成」系ステーショナリーに囲まれて [ステーショナリー:全般]

今日も......

熟成系ステーショナリー達に囲まれているシアワセ

jyuku.JPG

・ブライヤー
・スネークウッド
・カエデ
・花梨
・マイカルタ
・ヌメ革....etc

眺めて、撫でて...戯れて....

なんか...ホッとする。

僕にとって熟成素材のステーショナリーは
究極の癒しツールなんだな~
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Stylo Artsさんの「スネークウッド」シャープナー [ステーショナリー:全般]

先日の『良いモノ 一生モノ 出会い展』は連日大盛況でした。

最終日は「でべそ」さんもいらっしゃって大盛り上がり!

とても愉しい時間を過ごさせていただきました。

期間中、Stylo Artさんが限定発売していたプレミアム
「小物」をまた紹介しちゃいます。

a-1.JPG

「スネークウッド」のシャープナー(鉛筆削り)

a-2.JPG

かなーり、気に入ってます。

数野さん曰く....
「手間だけかかって....(T.T)」だそう

ステッドラーがベースになっていて、ずしりと重い...。
可愛くて、精密で....高級感たっぷり!

a-3.JPG

掌の上でしげしげ眺め.....思わず撫でてしまう。

ちょっと危ない...かな
コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

デュポンのBPリフィル「Defi」 衝撃の書き味! [ステーショナリー:全般]

「ボールペン」に関して僕は.....

より実用に徹してる事もあって、書き味以外これと
いって拘りはありません。

万年筆のように変遷の歴史もなく.....

①パイロット カスタム・カエデ ボールペン
※リフィル:「純正 BRFー25-BB(極太)」 油性

②【工房 楔(せつ)】パトリオットペン/ブライヤー
※リフィル:「PAKER GEL(中字)」 水性

b-2.JPG

今はこの2本だけ....。

特にパイロットの極太リフィルをメインで長年愛用
してまして、油性独特の「ヌメー」っとした書き味と
ボールペンにもかかわらず、文字に表情を与えられる
ところが気に入ってます。

書き味では巷で評判が高い(スルスルとした滑らかさ)

・カランダッシュの「GOLIATH」
・三菱の「ジェットストリーム」

も試してはみましたが、あまりにサラサラし過ぎていて
何~か書きごたえがない....というか
(粘度の高い油性の書き味に慣れてしまったから...。)

それよりも?...リフィルの「互換性」の無さとか、
本体の安っぽさ(三菱)とかが僕にとってはネックに
なってたり...。

昨日、ずーっと気になっていたS.T-Dupontの「Defi」
初めて試し書きさせてもらいました。

これが、かなりの衝撃!

基本的には「GOLIATH」系の書き味なのですが、筆記感触の
安定度、色ムラの無さ...上質な滑らかさは「Defi」の方が
完全に上回ってる!!....僕はそう感じました。

dopon-1.JPG

汎用性が高いパーカー互換リフィルということもあり
早速購入(945円...ちと高い!)し、楔のパトリオット
ペンに挿入!

duopon-2.JPG

「超ヌメ~(パイロット)」と「超サラサラ(デュポン)」
の「両極」の使い分けを愉しんでいます!

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4年ぶりに「ほぼ日」から「QUO VADIS」へ [ステーショナリー:全般]

手帳を4年ぶりに「ほぼ日」から、「QUO VADIS
へ乗り換える予定です。

s2-businessprestige.jpg

もともと「QUO VADIS」は「ほぼ日」の前に6年ほど
使い続けてはいました。

今回なぜ、乗り換えようと思ったのか.....。

①重さと、厚みがつらくなってきた~(80%はこの理由)

②僕の仕事はウィークリー単位での細かいスケジュール管理
  が必須となっているので、デイリータイプの「ほぼ日」では
  検索性が鈍ってしまう。

③月間、年間での全体的なスケジュールが掌握しずらい
....の3点

「QUO VADIS」専用革カバーも数種、購入したまま
長~い眠りにつかせていたので.......

「コードバン」あたりから復活させようかなと...。

相棒の万年筆は変らず、パイロットの「カスタム67」
UEFでいきます!
コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドイツ「エーマン社」の木軸シャープペンシル [ステーショナリー:全般]

今日は超お気に入り!ドイツ「エーマン社」の
シャープペンを紹介します。

今では珍しい回転繰り出し式の1.18ミリ(芯) で
軸材はキングウッド(くすの木)の1木・削りだし!
キングウッドは高級な「木琴」とかに使われていて、
非常に堅く、狂いが少ないのが特徴です。

e-1.JPG

あまり聞かないメーカーですよね、エーマン社!......。

元々はドイツの木材屋さんで、あの「リラ」社を始め
とする、世界の木製玩具メーカーへ素材をOEMしている
会社です。

それはそうと....このシャープペン!
まずはデザインに惚れてしまったのですが、それ以上に
マイッてしまったところが多々あります。

全長、重量がキャップをはめた時の「モンブラン149」
とほぼ同じになるのです!。(ちょっと重い...)

バランスは若干後ろよりですが、万年筆を持ったときと
同じような感覚(僕は筆圧低め、寝かせ気味の筆記)
で筆記を楽しめちゃうのです。

e-3.jpg

シャープペンの芯はユーロボックスさんの1.18mm/4Bを
使ってますが、これがも~相性抜群!!

手に持った感触もハンドメイドならではの
ぬくもりと、素朴ながら材質の良さをしっかりと
感じとれます。

木軸にラッカーが塗られているのはちょっと残念ですが....。

e-4.JPG

大切にしたい1本です!
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャン・ピエール・レピーヌの木軸ボールペンが気になる~! [ステーショナリー:全般]

「木軸」を愛してやまない僕として~.......とっても
気になっているボールペンがあります。

ジャン・ピエール・レピーヌ (仏メーカー)

ブライヤー

20080715_338396.jpg

ココボロ

20080715_338397.jpg

アルチザンの完全「手作り」ということも「そそる」要素

ブライヤーとココボロは「熟成」には最適ですし!

このジャン・ピエール・レピーヌ

扱ってる店が極端に少なく、実物を手にする機会が
ナカナカありませんでしたが、偶然....某百貨店で
見つけてしまいました。

実際、手にしてみると思ったイメージよりかなり
小ぶりで可愛い感じ...。

でもズシリと┗(;´Д‘)┛おもぃ~。

やや後ろ目のバランスは僕にちょうど良いかな

デザインセンス + 重厚感はサスガ!
(手作り系木軸筆記具が最近増えてるけど、
まだまだ洗練されてない...。)

軸材のクオリティーもスゴーく...いい! (^O^)g

12,600円はそこそこリーズナブル?

ただ、僕的にヒジョーに残念な点が..2つ

ブライヤー軸には「お決まりの」ぶ厚ーいラッカー
塗装が施されちゃってます。

もう一つはリフィルが独自仕様で、他社の流用が
全くきかないこと

このリフィル...造りがかなりチープで書き味も今ひとつ...

これは痛いっ~

でも、そんなマイナス要素も覆い隠すほど魅力あふれる
ボールペンです!

店頭でみかけたら、ぜひ手にとってみてね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ステーショナリー:全般 ブログトップ
アクセス解析タイ・バンコク情報