無有オカリナのSG管 宗次郎を吹きたくなった...。 [音楽&オーディオ関連]

M先生に新たにお願いしていた「無有オカリナ」のSG管と
SF管が今日手元に届きました。

mu-0.JPG

「無有」のソプラノ管(SF、SG、SC)の音色があまりに僕の
心に染みるので、自分の封印を解いてAC管以外のオカリナも
今後は積極的に使っていこうと思います。

特にSG、SC管は柔らかさの中に芯があるというか
そして陽も陰も表現できる懐の深さ...

僕はまだぜんぜん生かし切れていないけど

それにしても火山氏直系のオカリナの「無有」ですからソプラノ管は
特に「宗次郎」なんかの曲に合うんだろうな~

僕は「宗次郎」の曲は吹かない...と、自分の中で決めていた
(理由はまた...)のですが、遂に、これまた封印を解いて
しまいました。

到着したばかりの「無有」SG管で耳コピ&マキマキでちょい吹きした
天空のオリオン】(作曲:宗次郎)です。
play by arata

一部分だけですが「無有」SGの音色サンプルとして!

コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

勉学と今まで以上の音楽活動を [うたかた~雑感]

この半年「カルチャースクール」等でオカリナ講師(もどき)
としての活動を展開してきましたが、京都へ住まいを移す
こともあり全ての講座をクロージングすることになりました。

わずかな期間でしたが音楽を通じて多くの皆様とご縁を
頂けましたこと、ほんとうに感謝いたします。 m(__)m アリガトォ

この数年は大学院での勉学が最優先ではありますが
音楽活動も今まで以上に力を注いでいくもりです。

僕の音楽で人の心が癒され、某かの希望の光が生活に差し
込んでくれるのであれば...もう...(´∀`)


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オカリナ探求の旅 館林へ [音楽&オーディオ関連]

今日はM先生(演奏家&陶芸家)のオカリナレッスンを受けるため
電車で群馬の館林へ足を運びました。

京都に引っ越してからも定期的に先生のレッスンを受ける予定でして
師事しながらオカリナを極めたいと思っています。

学業とうまくバランスさせなくてはいけませんが...

一人前のオカリナ演奏家、そして製作者(陶芸)となるべく修行に励みます!
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セーラーの迷走 そしてペンドクター川口さんの退社 [万年筆:想い&雑感]

万年筆への特別な思い入れは今はもうありませんが...

セーラーの現況はどうしても気になってしまいます。

もう公にはなっているので触れさせていただきますが...

ペンドクター・川口さんが3月いっぱいで退社されて
しまうということ...これはショックでした。

長原宣義さんが今年引退されましたから、セーラーの
「顔」であったお二人が去られてしまうということは
ファンにとって、とても残念なことです。

あくまで私感ですが川口さんの退社は唐突感がありますし
会社のギクシャク感が見て取れるのです。

セーラーという会社は長原お父上・Jrさん、川口さんという
「個」を販促戦略の一環(重要な)としてあえて全面に押
し出してきたように思えます。

「個のキャラクター」をある意味ブランド化、商品化していく
手法は賛否両論ありましょうが、それがセーラー万年筆の
個性であり、差別化(付加価値)ポイントなのでしょう。

それ故、セーラーにとってもファンにとってもペンドクター
お三方の存在は大きいですし、関東でのシェア拡大は彼らの
個性と技術が顧客ニーズを掴んだからこそだと言っても過言
ではないと僕は思っています。

長原お父上の引退、川口さんの退社...etc

しかし...会社の功労者に対してあまりにクールすぎませんか?

それでいいんですか?

セーラーさん!(社長!)

物づくり会社の原点=財産は「人」なのです。
(あえて強く言います!)

わけのわからないIT会社を作ったり、音声ペンなどに
うつつを抜かしてる場合ではありません。

長年培われてきた技術知見を社としてきっちり継承し、
応用展開していく術を早期に養わなくては...もう...(ー_ーメ)

今の経営陣でセーラーはほんとうに大丈夫ですか?
コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万年筆ライフ最終形かぁ~ 引っ越しは延びちゃうし [万年筆:想い&雑感]

2月末には京都に引っ越す予定だったのですが...

住居人さん(引っ越し先)の状況が変わり3月末にずれこみそう

うーん、計画が狂う~ (*_*) マイッタ×2

ところで、京都へ持参する筆記具なんですが...
マジでこれだけになっちゃいました。

pen.JPG

万年筆は...

◎中屋・プラチナ ブライヤー
◎パイロット カスタム・カエデ
◎パイロット キャップレス

...の3種のみ

これが僕の「最終形」になるとは予想できなかったよ~


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

体調崩したかな~...。 [うたかた~雑感]

先日、友人と焼酎かっくらって...

家に帰ってから畳に突っ伏したままそのまま寝てしまった
のがよくなかったかな~

扁桃腺は腫れてきたし、身体の節々が痛い

なんかヤバイ予兆がする。

気をつけなくちゃ

コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昔の教会メンバーと一献傾けました...。 [うたかた~雑感]

僕は10代で導かれて(洗礼を受けて)クリスチャンに
なったんだけど...

昨日、当時の教会「青年会」のメンバー、Yさん(いっしょに
洗礼を受けた)と昔話を肴にして久し振りに一献傾けました。

20年(以上?)ぶりぐらいの再会になるのかな?

でも、お互い昔とあまり変わってないみたい。

政治~経済~お受験、日本のキリスト教&教会の未来...etc

めちゃ盛り上がってあっという間に5時間ほど過ぎちゃった。

最近の僕にしてはかなり飲んだ~(焼酎8杯ほど)

僕の「進路(大学院)」に対してあたたかい励ましの言葉を
いただき、ほんとうに嬉しかった。

ぶれることなく精進します!


コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

iPhoneの音質が劇的変化 オーディオテクニカ「AT-PHA31i」 [音楽&オーディオ関連]

iPodをかなり前から愛用してはいるけど内蔵アンプとiTunes
エンコーダーのダメダメさにはウンザリしてました。

(SONY WALKMANの方がぜんぜん音質はいい!)

iPhone4でも音質のショボさは相変わらず。

それと、メイン使いしてる「BOSE IE2(イヤホン)」と
iPhoneとの相性がイマイチ...(ー_ーメ)

かなりボリュームアップ(80%~)しないと音の輪郭が
明瞭にならないんだよね。

アンプに余裕がないので「BOSE IE2」の性能をぜんぜん
活かしきれない...。

ムウ~...( ̄~ ̄) ストレスが溜まるぅ!

なんとかお手軽に音質アップできないかなと情報収集
したところ...

オーディオテクニカの「AT-PHA31i」というiPod/iPhone
専用ヘッドホンアンプがめちゃ評判がいいっぽい。

実勢価格は1万円以下だし

これじゃん!...速攻買いしてしまいました。(web通販)

1.JPG

Dockコネクターから音声信号を取り出すタイプなので
iPhoneのクソアンプを介さずに済むわけ...コリャナイス!

2.JPG

祈るような気持ちで「AT-PHA31i」を通して聴いてみたところ...。

3.JPG

お~...最高じゃん! 劇的変化 \(^O^)/ヤリー

今までボリュームを80%ぐらいまで上げてやらないと
まとまな音にならなかった(でも歪みがち)んだけど

今度はボリューム50%以下で余裕の明瞭音質

音全体に元気度が増し、繊細な音の粒までがしっかりと
聞こえてくる。

低音はイヤホンとの相性もあるだろうけど、ちょうど良い
ブーストアップ感

リモコンで大抵の操作は完結できてしまうので便利だし

ただ、コードや全体的な造り込みがややチープなので
乱暴には扱わない方がいいと思う...。

保有している8本ほどのイヤホンで試してみた感想なんだけど...

1万以下のエントリーモデルの方がなぜか大きな効果を実感
できたんだよね~(ちょっと不思議?)

音への拘り、実際の感じ方はは人それぞれだろうけど...

iPod/iPhoneの音質に満足してない方にとって「AT-PHA31i」は
試す価値あり!...じゃないかな

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

名機「CD WALKMAN D-EJ2000」 懐かしく優しい音色 [音楽&オーディオ関連]

僕はピュア・オーディオ...いやいや「プア・オーディオ」ファン
なのでちょこっとだけ音には拘っています。

そうは言っても本格的なオーディオシステムはぜーんぶ処分して
しまったので今は「BOSE AW-1D」のみ

でもCDは700枚ほど残したのかな(かなり処分はしたけど...)

クリッピングしてデジタル保管はしてあるけどやっぱし原盤を
アナログ的に聴きたいもんね

「AW-1D」でもCDはもちろん聴けるんだけど外付けの高性能CDP
を使いたい~

....なんて思っても

名器であったフィリップス(LHH700、500とか)は全て処分
しちゃったし...。

とにかく京都では1ルームの節制生活(当たり前だよなー)
なので、ローコスト&省スペースが基本

そこで苦肉の策? 往年の名器であるコンパクトCDPを中古市場
から物色してきた。

SONY CD WALKMAN D-EJ2000 」っていう10年ほど前の機種
(「CD WALKMAN」自体、もう絶滅寸前なんだけどね)

CD-3.JPG

この「D-EJ2000」は当時世界最小、最薄、最軽量のマグネシウム
ダイキャストボディが売りだった。

今見てもこのデザイン&質感 カッコイイよな~

ガム電池(一本)フル充電で軽く1日もつからたいしたモン

音質はやや線が細い感じはするけど抜群に良い~

DACは1bit、アナログアンプということもありクリアさと
柔らかさがうまくバランスされている。

CDの細かい演奏ニュアンスもしっかり捉えてくれるんです!

やっぱり名機だよなー つくづく実感

もう「D-EJ2000」のような機種がこの世に出ることはない
だろうし、CDメディアもこの先どうなるか判らない...。

でもAV、オーディオ器機だけは未だに「ビンテージ、アナログ」
を選択しちゃう。

耳に優しくない音は心まで疲れちゃうんだよね

歳とったなー
コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
アクセス解析タイ・バンコク情報