「なんちゃってビジネスマン」の幕を降ろすとき [うたかた~雑感]

突然ですが「傾き(カブキ)まくった」ビジネスの舞台を今年いっぱいで
降りることとなりました。

新たな導きに自分を委ねるため..デス。

振り返ればメディア業界を皮切りに転職4回(転籍含むと5回)

自由奔放過ぎ?

にも関わらず...最前線かつホットなビジネス環境を常に与え
られていたのだから、かなりの幸せモン...(´▽`)カンシャ!

僕のような「無鉄砲、跳ね返り野郎」が用いられ、自由に泳いで
いられたのはひとえに理解ある組織とブレーンの支えがあったから

ほんとうに人は財産

感謝の気持ち...語り尽くせません。

僕のビジネスマンライフをちょい振り返ると...

業界は変われど常にビジネスディベロップメント(新規事業開発)、
リエンジニアリング(経営企画)推進に関わってきたため...

コンペティター、内部抵抗勢力+派閥との切った張ったが日常茶飯事
(ビジネスしてるんだか内部抗争してるんだか...訳ワカメ)

人の人生を180度変えてしまうようなディールにも多々携わった。
(企業合併、事業売却、部門整理=リストラ...etc)

背後から刺されたことに気づかず失血死しそうになったこと数知れず
(たとえです!)

それもそのはず...

事業利益必達の名の下に僕は多くの人を裁き、欺き、蹴落とし(蹴落とされ)

そして魂をザクザクに傷つけながら生きてきたのだから

そんな...波乱万丈、私怨多き(僕への)、敗れ多きビジネスマン人生
だった(´ε`;)と思う。 

来年から僕は京都にて一介の学生の身分となる。

どこの傘にも属さない丸裸の小さき自分と対峙するのだ。

正直、不安はめちゃ多いけど...希望は(モチのロン)ある。

ここに至るまでの導きと機会を与えてくださったことに感謝し、
指し示された路を謙虚かつ丁寧に歩んでいきたい。
コメント(0) 

中屋万年筆 「サンドブラスト・ブライヤー」のワビサビ感 [万年筆:国産]

僕はここ2~3年で万年筆を大整理、一生愛でたいモノのみ
に収斂は?...された。

そんな現況であるにも関わらず....木軸系はナニゲに
増えているので困ったもん...。

木軸ファンと言うより、僕はブライヤー好きなのだ。

万年筆をぐるんぐるん変遷した結論でもある。

先日、また新しい仲間が1本増えてしまった。

中屋万年筆さんのチョイ前?新作である「サンドブラスト・ブライヤー」だ。

b-1.JPG

20年を経ての復活軸となる。

b-2.JPG

ブライヤーのサンドブラスト処理はカナリの難作業で凹凸感や全体の質感は
やってみないと解らないというリスキーさが伴うそうだ。

歩留まりが極めて良くない...タイヘンな商品なのだ。

このサンドブラストの佇まいになんとも言えない「わびさび」を感じ、
ゼッタイに入手した~い!...と思った。

ただ、僕のベストイメージ(拘り)の軸の表情、凸凹感...etc

そんな1本にまだ巡り会えず...時を待っていた状況

そして、先日の催事にて遂に運命的な1本と巡り会ってしまう...。

「サンドブラスト・ブライヤー」は握ったときの凸凹感が絶妙で
同じブライヤー軸でも全くベツモノの感覚を覚える。

b-4.JPG

「木目を味わう」ブライヤーに「材の質感を掌で味わう」ブライヤー
加わってくれたんだから...もぅ~ウレシイ限り

b-5.JPG

今回は折角なのでシルバートリム仕様、ペン先は染め分け
バイカラーを奢ってみた。

b-6.JPG

木軸...ブライヤーファンであれば、木目とペン先、トリム等を
自由に組み合わすことができる「中屋万年筆」さんがおすすめだ。

満足できる1本に必ず巡り会えると思う。
コメント(0) 

現行品最強のコストパフォーマンス プラチナ&中屋 ブライヤー万年筆 [万年筆:想い&雑感]

現在、一番愛着を持って常用している万年筆はプラチナ
&中屋の3776系・ブライヤーだ。

3776b.JPG

色んな木軸材を経験してきたけど...

耐久性、木目の美しさ、熟成による味わい深さ...etc

やっぱし「ブライヤー」にとどめを刺す。

プラチナ&中屋のブライヤーは数ある木軸万年筆の中でも
抜群にコストパフォーマンスが高い。

よくぞ3万円台でレギュラー化できているものだ...。
(メーカーの良心に他ならないだろう...感謝)

じっくり探せば3倍もする(値段)セーラーのブライヤーと同等
以上の木目、質感を持つ一本と必ず巡り会う事ができるしね!

僕はUEF、細、中軟、太、ミュージックの5本(5ペン種)を
シチュエーション別に使い分けており、3776系ペン先の書き味
(程よい弾性)にも十分満足している。

嵌合式キャップは半端無くインクが蒸発しやすいけど...

趣味性と性能、コストパフォーマンスが高次元にバランスされた
現行品最強の万年筆だと言っても過言ではない...と僕は思ってる。
コメント(22) 

読売巨人軍のお家騒動とGM電撃解任 ちょっと昔の自分を思い出した [うたかた~雑感]

読売巨人軍のお家騒動...世間を賑わしてますね。

清武GMの電撃解任

レベル、ケース共に全く違うけど「解任」というキーワードでなんか昔を
思い出したり...。

僕は30代前半に所属していた合弁会社から通信事業分野を
継承する形でLBO(レバレッジド・バイ・アウト)し...( ゚д゚)ウム
(複数メンバーで)

そのIT新会社でマネジメント(VP、マーケティング統括)を
2年程経験したことがある。

経営にあたっていた初期メンバーとは当初からビジネス方針を巡り
激しく対立、遅かれ早かれどちらかが去る予感はしていた。

まだ若かったから怖いモノ知らずというか、生意気の頂点だった
時期でもある。(無鉄砲極まりない...勢いだけ)

僕だけが軽薄メディア業界出身、その他経営陣はオール外資金融と
外資IT出身...歴戦の強者ばかり

オコチャマでC調の僕とは....そもそも「水と油」の関係性...ダッタカナ

当時の対立する社長に「退任要求」をつきつける大バトルを
繰り広げ、その足で台湾出張へ

バタバタの出張先3日目...突然、総務から電話がかかってきて...

「あなたは解任されました」...って
(まるで3流ドラマのストーリー展開)

なんじゃそりゃ? 気が動転...頭真っ白

根回し&株主(工作)戦略を怠っていたのと、内部情報をとり
きれていなかった...。

弁護士と相談し裁判を起こそうとは思ったが....

時既に遅し、各方面へ全て手が回っていた。

世間知らずの若ゾウを潰すことなんて猛者にとっては赤子の
手を捻るようなもん

完敗...。

「綺麗に身を引くしかない」....そう思った。
(悪あがきはダサくていや...死んだ方がマシ)

その後の僕...自分の愚かさ(危機察知能力・人心掌握力の無さetc)
=マネジメントセンスの無さを思い知り(猛省し)

またふつーのなんちゃってサラリーマンの路に戻る(逃げ帰る)
ことになる。

そんな僕も今年いっぱいでビジネスマン通算戦績5勝10敗
(星取り表換算)と負け越したままで「卒業」...(´ε`;)フーウ…

新たな路を歩むことに...。

コメント(0) 

段ボール箱から出てきたパイロット・カスタム845「赤漆」 [万年筆:国産]

整理していた段ボール箱から万年筆発見...。

DSCN3477.JPG

ナガサワ限定の「パイロット・カスタム845 赤漆」だ。

僕は赤系万年筆はあまり好まないけどこの「赤漆」の色調は好きだ。

DSCN3474.JPG

この限定845は非常に評判だったのだけど、赤漆に退色が見られた
として、その後パイロットさんがオプション的漆塗りに慎重になられて
しまったいう話しを聞いたことがある。

「石目」、「一位」をリリースするよりも845の赤漆、青漆、緑漆の3色で
半レギュラー化された方がインパクトはあったんじゃないかなー
(同じ5万なら...。)

845はパイロットの技術が凝縮されたすばらしい万年筆なのだから
もっと日の目を浴びてほしい!

個人的に強く願う一本です。


コメント(13) 

ウイルスにやられてます...相変わらずの体調 [うたかた~雑感]

今週はほんとうにしんどかった。

たちの悪いウイルスにやられて、ずうーっと体調を崩している。

微熱とリンパ腺の腫れ....etc

医者から「人と接するべからず」を言い渡されたのは小学生の
時にかかった「ハシカ」以来だ。

薬の副作用もあってか頭が常にボーッとしていて思考能力、
学習意欲はゼロ...。

無駄な時間がひたすら過ぎていく

明後日の検査で良い結果が出たらいいけど...。
コメント(0) 

体調最悪 医者から外出禁止令 [うたかた~雑感]

この4~5日、体調最悪...。

ウイルス性結膜炎(両目)が悪化し、リンパ腺まで腫れちゃってずーっと微熱が
続いてる。

先週、ムリして外出したのが良くなかったみたい...。

医者から、他人への感染力が高いので今週いっぱいは自宅待機してないとダメ!...
と念押しされてしまった。

今週はゆっくり静養して免疫力を回復させます~
コメント(2) 

パイロット・カスタム一位をあらためて試筆して [万年筆:国産]

先日、パイロットの新製品「カスタム・一位」をあらためてじっく~り
試筆して参りました。

サイズ&スタイル共にカスタム845のまさに木軸版という感じで
バランス(重量)の良さと高級感をしっかり感じ取る事ができました。

845と比較するとキャップがやや深めに刺さる(かつガタツキがない)
ため(重心が中心寄りに..)個人的には845よりもバランス的に優れて
いるように感じたのですが...。

また、今回の一位は圧密加工されており、カエデのような含浸材処理が
施されていないためよりダイレクトな木軸の質感を味わえます。

さて、肝心の「一位」という材の質感、木軸としての魅力なのですが...

多くの個体を比較できていないので、正直なんとも言えません。

また、どのようなエージングをしていくかも解らないですし...

しかし、木目の面白みや高級感が他の木軸(ブライヤー等)より
秀でているのかと言われれば、僕はそうは思いません。
(僕はブライヤーに始まりブライヤーでヤッパシ終了...。)

木軸云々ではなくトータルバランスではすばらしい万年筆だと
思います...ガ...

木軸ファンがこの「一位」という材の価値(5万円)をどこに見出す
のかが分かれ道(購買意欲)になりそうな気がします。

市場がどんな反応を見せるのか...楽しみではあります。
コメント(0) 

現在の常用筆記具達 [万年筆:想い&雑感]

僕の現在の常用筆記具達です。

実用性と趣味性(エージング)の両面を追求した結果として

左から...

熟成万年筆.JPG

◎プラチナ&中屋 ブライヤー万年筆×5本
(ペン先:超極細、細、中軟、太、ミュージック)

◎パイロット キャップレス万年筆(ペン先:F)
   〃     カスタム・カエデ ボールペン

◎セーラー  プロフィット・マイカルタ ボールペン
   〃    プロフィット・マイカルタ 万年筆(ペン先:M)
   〃    キングプロフィット・エボナイト(ペン先:長刀M)

◎ラ ミ ー   アクセント・4ペン(グリップ:ブライヤー)

来年からは一介の(オッサン)学生ですので、これらの筆記具をじっくりと
味わい育てていきたいと思っています。
コメント(5) 
アクセス解析タイ・バンコク情報