遂にパイロットから「新」木軸万年筆が! 「一位(いちい)」って何? [万年筆:国産]

パイロットから満を持してというか...遂に

カスタム「一位(いちい)」木軸万年筆がリリースされます。

ベストタイプ+大型15号ペン先が奢られるみたい
(52,500円...う~高級!)

万年筆としての耐久性や精度にとことん拘るパイロットだから
「木軸の新作はないだろうな~」と半ば諦めていたのだけど....

これは嬉しい誤算?

それにしてもまた「一位」というシブ~い(良い意味で!)木材を
選択してくれました。

これにも驚きなんだけどね。

「一位」は神事の道具や神社建築の外装材なんかに
使われたりする、なかなか希少(高級)な木材
(※飛騨高山の一位一刀彫も有名、素の材は白檀に
似た香りがする。)

大昔にこの木で作った笏(しゃく)を天皇に献上したところ、
他の材より優れているという事で階位の「正一位」にちなみ、
「一位」と呼ばれるようになったそうな...。

下記写真は「一位」の平材2種(あくまでイメージ!)

i-1.jpg

i-2.jpg

木目もはっきり出ているし、使い込んで艶が出てきたらさぞ
味わい深くなるだろうな~ 想像しちゃいます。

でも「一位」は黒いカナ筋が入りやすく綺麗な木目面をとる
事がとても難しいらしい

出来上がりの個体差が激しそう?...なので

木目選びは必須かも...。

パイロットは耐久性重視だろうから含浸材か表面塗装処理を
しちゃってるんだろうな~(推測...カエデもそうだし。)

いずれにしてもすごーく、楽しみです!

~追 記~

某所でカスタム「一位」の写真+説明文を拝見しました。(今日)

木軸の強化方法は「表面塗装や含浸材」ではなく木材の
『圧密加工』(セーラーの智頭杉と同じ処理)みたい。

ぱっと見スタイルは北海道限定・日高晤郎「樽材」万年筆
ゲキ似かなー

キャップがちゃんと刺さってくれればいいのだけど

木目の状態も見てみないとなんとも....。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

父が愛した万年筆 でもペリカンが...。 [万年筆:想い&雑感]

父親の形見であるモンブラン149は写真と共に
大切に保存してある。

父は企画書、原稿書きにモンブラン149と
ペリカン400もどうやら併用してたみたい。

遺品整理時に400を計3本発見したから...。

しかしそのペリカンは僕が手持ち万年筆を一気に
整理した時から...(´ε`;)ウーン…見あたらない~

いっしょに処分しちゃったのかも

万年筆で書き殴られたNHK時代の番組進行表や
企画書が遺品としてドッサリ出てきて、その文字の
太さは間違いなく3B級

モンブランは全て細字(原稿用)を使っていたので
企画書への書込みはたぶん...ペリカンかな?

のべ筆記時間はもしかしたらペリカンの方が多かった
のかもしれない。
(モンブランは自宅で使用していたから)

今思えば...父は万年筆をほんとうに愛していた。

いつもきちっと整理して机上の漆箱に並べていて
(商売道具だもんね...。)

僕が触ろうもんなら...コラッ!ってなもん

ところで....僕の家には仏壇とかはない。
(クリスチャンだからね...。)

父&母の写真と2人が愛していた品を飾ってある。

母の写真の前にはNo'5の香水(変わらず)

父にはモンブラン149...それと今回オーダーした
ペリカンM1000(森山SP)を置いてあげる。
(400×3本を紛失したお詫び...。)

お墓を作り直したら書きかけの原稿といっしょに
入れてあげるから
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

伊勢丹・新宿「したためる展」 日興エボナイトさんに感動&セーラーの「寄木細工」万年筆は...。 [万年筆:想い&雑感]

今日は伊勢丹・新宿店で13日まで開催されている
「したためる展」に立ち寄らせていただきました。

セーラーさんのペンクリニックと話題の「寄木細工」
万年筆のお披露目

「日興エボナイト」さん、「Stylo Art 軽井沢」さん
も出店されてるしね!

あらためて驚き&感動したのは日興エボナイトさん

万年筆のバリエーションが増えたのは勿論のこと
カラーエボナイトの良さを最大限に引き出すデザイン
切削精密感、エボナイトの光沢(磨き)....全てに
於いてググッ~とッと進化しているのです。

一本一本にかなりの手間と思いを込めて仕上げられて
いるのが良~く判る。

それにも関わらずお値段がリーズナブル!

若い遠藤社長と金崎さんの地道な努力が着実に
実を結ぼうととしています。

「Stylo Art 軽井沢」の数野さんと共にずーっと
応援していきたいな!

あと、セーラーの「寄木万年筆」をじっくり拝見したけど
僕的に素材質感がイメージとかけ離れていたため....
結局見送ってしまいました。

寄木、五種(ヤキ、桜、朴、ブビンガ、オールナット)
のザラッとした質感をダイレクトに楽しめると勝手に
思いこんでいたのですが...

やはりとうか....ラッカー塗装が施されてしまって
たのです。(なぜか塗りが甘いというか不均等)

それもあってか、なーんかお土産品っぽい?

「木の質感を楽しむ」というよりも寄木のデザイン&
カラーを楽しむべき万年筆なのでしょうね。

ちなみに写真は寄木細工の元素材

k00060.jpg

これを削りだしていくのですが、まあ作業的には
合板と同じレベルかな~
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「趣味の集い」こそホスピタリティが大切? [万年筆:想い&雑感]

趣味の世界、特にコレクターと呼ばれている
方々はレアであったり、付加価値のある品を
入手し続けることで自分の満足中枢を満たして
いく。

万年筆の世界でも同じ事

愛好家と呼ばれている方々には...

・自分のコレクションの価値を知って欲しい!

・自分の持っている特殊技術を知らしめたい!

・自分だけが業界の○○と特別な関係にある!
...etc

優位性や存在価値を趣味の仲間に理解+評価される
(させる)ことによりモチベーション+喜びを維持させて
いく傾向が少なからず見られるものだ。
(このレベルなら人としてフツー?の欲求かな)

愛好会ってのはそういった「濃ゆい」方々の受け皿
であり、ある意味クッションになるべき存在だよね。

でも、忘れちゃいけないのは...

他人に理解してもらいたいなら「相手をまず理解&
リスペクトする」という極めてオーソドックスな
社会常識がベースに在るということ

この部分がすっ飛んじゃうと

ありもしない「ヒエラルキー」を勝手に意識し、
仲間に対して常に上から目線(高圧的)

自分の偏った持論を「会の掟」でもあるかのように
ゴリゴリと人に押しつけたり...etc

こんな勘違い人間がじわーっと湧いてきてしまう。

この手のタイプの毒素は得てして強烈

放置しとくと同タイプ=偏狭的エゴイストを
じわじわ引き寄せ(共鳴し、いずれ巣窟となる)

結果として「人の出入りが激しい=定着しない」
集団へ転じさせてしまう。

牽引力のあるリーダーが存在する趣味集団で
あっても個々がホスピタリティを意識し、実行でき
なければ早晩にアナーキー化してしまうもの

利害関係のみで多くが集っている場合は...
まず歯止めが利かない。

何を感じ、どう行動するかは自分次第

万年筆愛好家の世界は色んな意味でとても「狭い」

そして、人も個性的だ。

各自が程よい距離感(突っ込み過ぎない)で愉しむ

これが長続きする秘訣かもしれない...。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

川口企画第3弾 「セーラー」 マイカルタ・ボールペンのすばらしさ [万年筆:国産]

写真はセーラー初代マイカルタと新製品のマイカルタボールペン
です。

m-0.JPG

シンプルな総マイカルタ製ボールペンを熱望していただけに今回の
リリースはほんとうに嬉しい!

『オール』マイカルタ同士、初代マイカルタ万年筆との組み合わせが
やはりベストかな

m-3.JPG

それにしても味わい深い佇まいです。

さて、川口企画第3弾と銘打たれた「マイカルタボールペン」に
ちょっとだけ触れたいと思います。

握ってまず驚くのはずっしりとした重量感

万年筆よりも3g程重く(34g)ややリアヘビーな印象でしょうか。

極端に先端付近を握られる方は軸長もあるのでバランス的に
ちょっと厳しいかもしれません。

軸の太さはオーソドックス

愛用しているパイロットのカスタム・カエデよりやや太いかな?
レベル

僕的に唯一、残念に思うのがリフィルが「4C」仕様だということ

現時点で「極太スルッスル」の書き味を愉しむ事ができません。
(何か工夫できないかな~と企んではいます。)

ところで僕の個体(写真)は年輪のような模様が浮き出てます。
(熟成が愉しみ)

m-1.JPG

マイカルタは木軸同様、模様を撰ぶ愉しみもあるんですよ!
(じっくり個体を撰びましょう!)

「Stylo Art 軽井沢」さんからも魅力溢れるアルコバール
マイカルタ・ボールペン(写真:24,150円)がリリースされて
いますので、シチュエーションによってセーラーと使い分ける
ってのも面白いんじゃないかと思います。

m-4.JPG

セーラーは『オール』マイカルタで2.1万円

ちょっとリーズナブルじゃありませんか?
(高級ボールペンであることは間違いないが)

話しが飛んじゃいましたがマイカルタの特徴はなんてたって
手に吸い付くような(革のような)独特の感触

ファンはそれを常に感じていたい。(筆記時も)

ハンドメイド系ボールペンは市販軸ユニットを流用している
ため、残念ながら握り部が樹脂製になってしまう宿命がある。

その点、セーラーは「オール」マイカルタなので常に感触を
味わうことができちゃう。

僕はそれが一番重要!

2.1万円は決してお安くはありませんが、今回のボールペンを
機会とされて、ぜひ「マイカルタ」のすばらしさを体感して
いただけたらと思っています。
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プラチナ「センチュリー」の進化にメーカーの良心とプライドを感じた。 [万年筆:国産]

プラチナの本栖、センチュリーをじっくり手に取ると
正常にというか...着実にあるべき方向へ進化していく
メーカーの実直な姿勢を感じた。

国内メーカー3社のなかで今はプラチナが一番アグレッ
シブではなかろうか。

「センチュリー」はスリップシール機構を含め全体的な
ディテール、AS樹脂&金属部の質感...全てに於いて
グレードアップされており、メーカーの強い拘りと思いを
ググッと感じ取ることができる。

上位機種と変わりない大型#3776ペン先ユニットが奢られて
いて1万円とは...もう驚き!

メーカーの良心、プライドに他ならないよね。

同価格帯のオーソドックスな万年筆では僕はプラチナが
頭1つ抜けた(質&コスパ)と思っている。

こんな時代に地味ながら的を得た進化を遂げている
プラチナさん

なんか万年筆ファンとして嬉しいなあ!

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

森山スペシャル M1000・3Bと再会するために [万年筆:海外&vintage]

大切な万年筆まで勢いで処分してしまい...
冷や汗ingの僕です。

持ってなくちゃ~いけないはずの数本をやっと
思い出した週末...(´ε`;)

そしたら後悔の念がどど~っと

もう、いてもたってもいられなくなり...
なんと、大井町へ向かってしまいました。

『ペリカンM1000 森山スペシャル(3B)』は
僕の万年筆ライフに大きな影響(衝撃)を与えた
一本だもん。

万年筆の書き味にはじめて「心躍った」あの日

今、再会しとかないとゼッタイ後悔してしまう。

全く節操の無い僕ですが...スミマセン

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万年筆は「育てていく筆記具」 [万年筆:想い&雑感]

「趣味の文具箱20」を購入していたのを忘れていて
昨日、やっと斜め読みした。

今号も僕的にはなんてこともない内容なんだけど
購入することが「習慣化」しちゃってる..。

唯一?僕が気になった記事はP46からの「ペンステー
ション」館長の熊沢さんの言葉

抜粋すると....

「この頃一番気になっていることはペンは調整しないと
使えないと思っている人が多いということ...パイロット
ではそのまま使っていただけるベストな調整で出荷して
います。」

「万年筆は自分の筆圧、角度、運筆の仕方、それを長く
繰り返すことで自分にとって最良の書き味になる」

「万年筆は自分が育てていく筆記具で、それが万年筆使い
の最大の喜び...」

僕は強く!! 同意する。

当たり前のことなんだけど「よくぞ言ってくれました」
という感じ...。

「万年筆は使う度に劣化していく...?」という説も
あるようだが...

ユーザーはマニアや一部メディアの偏った情報を鵜呑みに
しちゃいけない! (全てに於いて言えることだけど...)

大切なのは自分の「目、耳、手」で確かめることだ。

...これに尽きる!
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
アクセス解析タイ・バンコク情報