ドイツ「エーマン社」の木軸シャープペンシル [ステーショナリー:全般]

今日は超お気に入り!ドイツ「エーマン社」の
シャープペンを紹介します。

今では珍しい回転繰り出し式の1.18ミリ(芯) で
軸材はキングウッド(くすの木)の1木・削りだし!
キングウッドは高級な「木琴」とかに使われていて、
非常に堅く、狂いが少ないのが特徴です。

e-1.JPG

あまり聞かないメーカーですよね、エーマン社!......。

元々はドイツの木材屋さんで、あの「リラ」社を始め
とする、世界の木製玩具メーカーへ素材をOEMしている
会社です。

それはそうと....このシャープペン!
まずはデザインに惚れてしまったのですが、それ以上に
マイッてしまったところが多々あります。

全長、重量がキャップをはめた時の「モンブラン149」
とほぼ同じになるのです!。(ちょっと重い...)

バランスは若干後ろよりですが、万年筆を持ったときと
同じような感覚(僕は筆圧低め、寝かせ気味の筆記)
で筆記を楽しめちゃうのです。

e-3.jpg

シャープペンの芯はユーロボックスさんの1.18mm/4Bを
使ってますが、これがも~相性抜群!!

手に持った感触もハンドメイドならではの
ぬくもりと、素朴ながら材質の良さをしっかりと
感じとれます。

木軸にラッカーが塗られているのはちょっと残念ですが....。

e-4.JPG

大切にしたい1本です!
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 1

れみ

はじめまして。突然のコメントお許しください。
大変不躾なご質問となりますが、申し訳ありません。こちらのシャープペンシルですが、もし、可能でしたら、、お譲りいただくことはできませんでしょうか?(お値段をお伝えくださいましたら、お支払いたします。)(><)
探していた商品でして、ご検討いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。。!!m(__)m

by れみ (2014-10-07 20:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

アクセス解析タイ・バンコク情報